タイヤゴジラがなくなる!?
タイヤ公園

タイヤ公園とは?

函館タイヤ公園 大川公園
タイヤ公園(大川公園)

タイヤ公園(大川公園)は1970年にタイヤメーカーから中古タイヤの寄付を受け、タイヤを使った遊具やオブジェが設置されている珍しい公園で、園内にはタイヤで作られた「タイヤゴジラ」や「タイヤロボット」があり45年間の歴史ある公園でもあります。

タイヤ遊具以外には大きな滑り台が二つあり、隣には野球グランドも併設さていて野球少年などの子供たちで賑い、たくさんの子供たちに親しまれている公園です。

他にタイヤ公園と呼ばれている公園は東京都大田区にある西六郷公園があり、当時の函館市長がそれを見て函館にもタイヤ公園を作って「子供たちを喜ばせたい」という思いからタイヤ公園が作られたという話もあります。

スポンサーリンク

タイヤゴジラで親しまれている遊具
タイヤゴジラなどで親しまれている遊具
2015112502
タイヤロボット、鉄人などで親しまれている遊具
函館タイヤ公園
タイヤのオブジェに貼られている鉄板。

 

タイヤオブジェ(遊具)には「このタイヤはブリジストンタイヤ函館販売株式会社より寄付されたものです 函館市」と書かれています。
文字の色が剥げて、形も変形していて長い歴史を物語っています。

じつは地元では「タイヤ公園」として浸透しているため正式名称の「大川公園」と45年の歴史ある公園だということはあまり知られていないのではないでしょうか?じつは、私は大川公園という正式名所を知りませんでした。。。

タイヤ撤去

タイヤ公園(大川公園)は設置から45年の長い歴史で愛されていますが、同時に老朽化や安全基準が問題になっているようで、2015年度以降に撤去し新しい遊具が設置される予定らしいです。
市では函館市の中でも珍しく人気の高い公園でもあることを考慮し、新しい遊具は公園近くにある亀田小学校と八幡小学校の生徒を対象に調査をし決めていく流れだったようで、新しい遊具には腹部が滑り台になるロボット型遊具や、ネットクライミング、飛び跳ねることのできるゴム遊具などが予定されている様子です。生徒の中にはタイヤゴジラなどを何らかの形で残してほしいという声も根強い結果となったようです。
(私自身もタイヤのオブジェクトには愛着があるため是非、何らかの形で残して頂きたいです!っと強く思います。)

また、遊具以外には開設当初の遊具配置図や、歴史を紹介する案内板も設置する考えもあるようです。(←是非設置して頂きたい。)
既にいくつかの遊具が撤去されていますが、タイヤ公園の今後の展開に注目していきたいと思います。

また一つ、私達を育ててくれた景色がなくなるのはさみしいですが、これから新設される遊具たちも「タイヤゴジラ」や「タイヤロボット」のように長い時間、たくさんの子供たちを喜ばせ親しまれる遊具になることでしょう。

IMG_1824

大川公園 

住所 函館市大川町11
トイレ
遊具 タイヤ遊具・滑り台
駐車場
グラウンド

 

関連サイト

http://www.hokkaido-nl.jp/detail.cgi?id=29428

スポンサーリンク

関連する記事